Canon EF-S 24mm f/2.8 STM Lens, Canon EF-S 24mm f/2.8 STM | Canon U.S.A., Inc., Canon EF-S 24MM 1.2.8 STM, Canon EF-S 24mm f/2.8 STM Lens 9522B002 B&H Photo Video, Canon EF-S 24mm f/2.8 STM Lens for Canon Digital SLR Cameras with 52mm Filter Kit (UV, CPL, FLD) (12 Items), Canon Canon EF-S 24mm F2.8 STM Ultra-thin Spider 1612 | eBay, Canon EF-S 24mm f/2.8 STM Lens + Free Shipping
★幻の激レア★ニコンS→ライカMマウント変換アダプター★距離計連動

sigma シグマ 14mm F1.8 DG レンズ キヤノン
ご覧いただきありがとうございます。☆キャノンのパンケーキレンズ、EF-S 24mm 1:2.8 STMです。☆目立ったあたり、キズ、汚れ、スレ、使用感などなく綺麗です、またレンズ及びレンズ内も雲、キズ、カビ、ゴミなどなく綺麗です。☆私感ですので神経質な方の購入は、ご遠慮お願いいたします。☆動作確認済みです。☆付属品は新品のフロント及びリアのレンズキャップだけです、その他付属品は何もありません。☆商品到着後に、初期動作不良の場合は3日以内であれば対応いたします。35mm判換算で38mm相当という、使い勝手のよい画角をもつEF-Sレンズ初のパンケーキレンズ。カメラに装着していることを感じさせない約125gの軽量・コンパクトなサイズで、気軽にどこへでも持ち運ぶことができます。自然な画角で、スナップ写真やポートレート、風景など、さまざまな撮影で活躍します。非球面レンズの採用により、画面全体での高画質も実現。Canon EF-S24F2.8 STMAF機構有無: AFcolor: BLACKズームレンズタイプ(新): ズームレンズ以外フォーマット種類: APS−Cレンズマウント(メーカ): キヤノン EFマウント一眼レフ/ミラーレス: 一眼レフ用交換レンズタイプ: 単焦点レンズ特殊レンズタイプ: 特殊レンズ以外#キヤノン#Canonカラー···ブラックカラー···ブラックマウント···キヤノンEFマウント系
カテゴリー:家電・スマホ・カメラ>>>カメラ>>>レンズ(単焦点)
商品の状態:未使用に近い
商品のサイズ:キヤノンEFマウント
ブランド:キヤノン
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:東京都
発送までの日数:1~2日で発送

Canon EF-S 24mm f/2.8 STM Lens
未使用品 Helios-44-2 58mm f2 ぐるぐるボケ ヘリオス 15
Canon EF-S 24mm f/2.8 STM | Canon U.S.A., Inc.
未使用品 Helios-44-2 58mm f2 ぐるぐるボケ ヘリオス 14
Canon EF-S 24MM 1.2.8 STM
HD PENTAX DA 21mmF3.2AL Limited
Canon EF-S 24mm f/2.8 STM Lens 9522B002 B&H Photo Video
Carl Zeiss Biometar 80mm F2,8 Jena
Canon EF-S 24mm f/2.8 STM Lens for Canon Digital SLR Cameras with 52mm  Filter Kit (UV, CPL, FLD) (12 Items)
未使用品 Helios-44-2 58mm f2 ぐるぐるボケ ヘリオス 11
Canon Canon EF-S 24mm F2.8 STM Ultra-thin Spider 1612 | eBay
Ryo様
Canon EF-S 24mm f/2.8 STM Lens + Free Shipping

ワンピなど最旬ア! EF-S がんも様専用☆新品級極上品☆Canon 24mm STM F2.8 レンズ(単焦点) ワンピなど最旬ア! EF-S がんも様専用☆新品級極上品☆Canon 24mm STM F2.8 レンズ(単焦点)

ワンピなど最旬ア! EF-S がんも様専用☆新品級極上品☆Canon 24mm STM F2.8 レンズ(単焦点)

みなさまゴールデンウィークいかがお過ごしですか?
私は、休みが続くと、いつものペースを取り戻すのに倍のエネルギーが必要になるので、連休が苦手です。
さらに、飛行機も苦手なので海外に行くわけでもなく、1年中で最も紫外線が強いこの時期、日中は家から出ないことさえ多く、ゴールデンでもなんでもない毎日が過ぎております。

さて、
庭の写真は時々撮っていたのですが、今年は我が庭ながら「なんか微妙・・・」という感が多く、ブログもコソッと自信なさ気に投稿させていただきます。
4月の前半は、チューリップが主役なのですが

いろいろな色の球根を植えた昨年2017年↑に比べ、今年2018年は

なんか地味・・・。色のチョイスで失敗したくないというブレーキが働いて、ピンクのチューリップだけにしたのがいけませんでした。 ポイントがなくぼやーっとして、なんか微妙・・・味が薄くて、これは何味?と思いながら食べてるような感じ。

品種は、アンジェリケとアップスターという、どちらも淡いピンクで

可愛くて、好きなチューリップでしたが、如何せん、色が薄く、存在感も薄かったです。

【送料込み】JOIE チャイルドシート ※ベース付
はしもと ビーズバッグ レトロ パーティーバッグ
チューリップのほかには

ドイツスズラン、昨年はお花が1本だったのが2本になり、とりあえず倍に。(苦笑)

オダマキが好きで、今年は3種類に増やしました。

ツートンカラー、グラデーション、花びらの複雑な形状に目が釘づけ。興味がつきません。

オダマキは、こぼれ種で増えてくれることを期待して。
そしてそして、待ちに待ったバラの開花です。

ピエールドロンサール、今年の一番花はこの子でした。最初は中央が鮮やかなピンクで外側は白っぽいのですが

咲き進むと、全体がピンクになっていきます。

丈夫で、豪華で、本当に美しいバラ。唯一残念なのは、香りが弱いこと・・・

桃のようなつぼみがいっぱい。いっぱい。いっぱい。数えきれないほど。

去年は、ツルの誘引の仕方がわからず上へ上へ伸びていってしまい、脚立に載っても手が届かない場所に花があって四苦八苦。 今年はひとつお利口になって、手の届く高さに横に留め付けて、お手入れも楽に出来るようにしました。

そして、白のスイートピーと、さらにブラックベリーの小さなピンクのお花との共演が、これから見られそうです。

クレマチス「テッセン」も咲き始めました。冬には、もう枯れちゃった?と毎年思うのですが、いつの間にか芽が出てまた花が咲いています。ツル性植物の生命力に感動・・・

このあとは、ピエール以外のバラ、そしてユリの開花、ブルーベリーの実が成るのを楽しみに待つことにします。

今年は、めずらしく夏の庭の準備もしていますよ。
蚊が出始めて、ほとんど庭には出なくなるのはわかっていますが、グラジオラスの球根を植え、ホウセンカの種を蒔く予定です。どちらも、昭和生まれの私には、子供の頃を思い出す懐かしいお花です。
でも、またグラジオラスは白を買ってしまったので、夏らしい濃い色のないボケボケな感じの庭になりそうな予感。
布選びと同じく。色ってむずかしい・・・

 

miumiu ジャージパンツ 21ss季節の出来事 | タグ: 白銀社おんちゃんプレートComments Closed 

関連記事